タグ別アーカイブ: FAGA

生活習慣を見直して薄毛(AGA・FAGA)対策

男性の方も女性の方も、薄毛(AGA・FAGA)の主な原因は「生活習慣の乱れ」です。他にも遺伝や、ストレス等が挙げられますが、やはり最も多い原因は生活習慣と言えるでしょう。生活習慣と一言で言ってもさまざまですが、代表的なものが「食生活」「運動不足」「睡眠不足」「喫煙」「ストレス」です。これらの習慣は普段何気なく行っている事でも次つは髪の毛にものすごく悪影響な場合もあるので注意が必要なのです。特に、食生活はへの影響が大きいと言われているので、今一度自分の毎日の食事を考えてみるようにしてください。

また、治療を開始したからといって、治療薬の服用を始めたからと行って生活習慣の改善を試みない場合は、薄毛が改善される確率は低くなるので、しっかりと生活習慣の改善をするようにしましょう。

生活習慣とは

生活習慣と言われてもパッとしない方が殆どだと思います。と言うよりもなんとなくは気をつけた方が良いという認識はあると思うのですが、なかなか実行に移せずに居る方も少なくはないと思います。そこで、生活習慣と言われているものを解説しますので、思い当たる節がある方は十分注意するようにしてください。

食生活の乱れ

食生活の乱れは髪の毛に悪影響です。特に栄養バランスの偏った食事ばかりを摂っていると、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまうので、健康的な髪の毛が育たなくなってしまいます。また、偏食が原因で血行不良などを起こしてしまうと、髪の毛に十分な栄誉が届かなくなってしまうので、髪の毛が痩せ細ったり、コシやハリがなくなったりします。

こうなってしまうと薄毛になる確率が高くなるので注意が必要です。是非一度自分の髪の毛を触ってみてください。髪の毛が痩せ細っていませんか?ハリやコシはありますか?もし、髪の毛にハリやコシがないと言う方は一刻も早くAGA治療専門のクリニックに相談するようにしてください。

運動不足

運動不足がなぜ薄毛の原因になるのでしょうか。運動不足は肥満の原因になります。肥満は血行不良の原因になってしまうので、結果的に薄毛に繋がってしまうのです。まず、食生活が偏って脂質や糖質の多い食事ばかりを摂取していると、肥満になる可能性が高まります。そして、運動不足になると一気に肥満になってしまうのです。

肥満は余計な脂肪が大量に付いてしまうので、血管を圧迫して血液の流れを悪くしてしまいます。すると、髪の毛に十分な栄養が届かなくなって薄毛になってしまうのです。さらに肥満体質の方は、汗を大量にかいたり、皮脂が過剰に分泌したりします。皮脂の過剰分泌は頭皮環境を悪化させてしまいます。毛穴のつまりや、フケや痒みが原因で薄毛になってしまう事もあるので、肥満にご注意ください。

睡眠不足

睡眠不足は髪の毛の成長を妨げてしまいます。そもそも髪の毛は睡眠中に成長していると言う事をご存知でしょうか?髪の毛は私たち人間が寝ている間に成長しています。髪の毛が成長している時間帯は一般的に22時以降で時間にして約4時間程と言われています。つまり、夜更かしは薄毛の原因になると言う事なのです。ですから、22時以降はなるべく寝るようにしてください。

ですが、どうしても目が冴えて眠れないと言う場合は、横になってゆっくりしておいてください。と言うのも、この時間帯は髪の毛の成長時間で、毛母細胞が細胞分裂を活発に行っているので、他の事に集中してしまうと、細胞分裂が上手く行われず、髪の毛の成長を妨げてしまう事になるからです。ですから、22時以降は極力就寝するようにしてください。

また、就寝前の食事などもNGですので控えるようにしてください。これも、消化作業に意識が行き、細胞分裂に集中できなくなってしまうからです。人間の消化時間は約2時間です。つまり20時以降の食事は髪の毛に良くないと言う事です。

喫煙

タバコは「百害あって一利なし」と言われている事は誰もがご存知だと思います。つまり、喫煙をする事で、私たち人間の体にとってタバコを吸う事は何1つ良い事とはないと言う事なのです。今でこそ喫煙所が減ってきていたり、タバコを吸える場所が限られてきているので。喫煙者も増えてきましたが、それでもタバコを吸っている人がまだまだたくさんいるのが現状です。

タバコは髪の毛にとって良くないのですが、もちろん悪影響を与えているのは、髪の毛だけではございません。では、タバコを吸うとなぜ髪の毛に良くないのでしょうか?それは、タバコを吸う事によって、タバコに含まれている「ニコチン」が血管を収縮させてしまう働きがあるからなのです。

血管が収縮すると、何が起こるのかと言いますと、何度も言っていますが「血行不良」になってしまいます。血行不良は薄毛の大敵なのです。なぜなら血液の流れが悪くなる事によって、髪の毛の成長に必要な栄養素が送り届けられなくなるからです。すると、髪の毛は健康に育つ事なく自然と抜け落ちてしまうのです。

また、ニコチンは体内のビタミンCを破壊します。ビタミンCは髪の毛に必須の成分である亜鉛やビタミンB群、ビタミンEの吸収率を高めてくれる役割があります。つまり、ニコチンがビタミンCを破壊する事で、それらの重要な栄養素が補給されなくなってしまうのです。特に亜鉛は髪の毛の生成に最も重要な「三大要素」と言われていて、亜鉛が不足してしまうと髪の毛は生成されなくなってしまうのです。

このように、タバコを吸うだけで髪の毛に必要な栄養素が全て破壊されてしまう事と、サプリなどでそれらの栄養を補給していたとしても、ニコチンの作用で血行不良を起こしてしまうと、せっかく摂り入れた栄養素も髪の毛まで届かなくなってしまうのです。

ですから、薄毛の方で現在タバコを吸っているという方は、薄毛を克服したいのでしたら今すぐタバコをやめるようにしてください。ただし、急に禁煙をするとストレスが溜まり逆効果になる場合もありますので、できる事なら禁煙外来などを活用するようにしましょう。

お酒の飲み過ぎ

お酒は「百薬の長」と言われていて、体に良い効果をもたらしてくれます。しかし、過度に飲酒をすると、薄毛の原因になってしまうのです。お酒は本来血行促進効果やストレス発散に良いと言われているのですが、これはあくまでも適量を飲んだ場合の事なのです。

ですから、過度な飲酒の場合は逆効果で肝臓に負担をかけてしまう事になるのです。肝臓は髪の毛の生成に必要不可欠な臓器の1つで、髪の毛の三大要素の1つであるたんぱく質を生成し、体内に供給すると言う役割を担っています。つまり、お酒の飲み過ぎで肝臓に負担をかけてしまうと、肝臓が本来の仕事をできなくなってしまい、髪の毛の成長に影響が出てしまうと言う事なのです。

過度な飲酒で肝臓に負担をかけると、髪の毛だけでなく体の至る所に影響が出てしまいます。また、たんぱく質が不足してしまうと、新しい髪の毛の生成がされなくなってしまうので、どんどん薄毛になっていく一方なのです。お酒は体に良い一面もあるのですが、飲みすぎると恐ろしい事になってしまいますので十分注意が必要なのです。

過度なダイエット

過度なダイエットも薄毛の原因になります。ダイエット自体が直接髪の毛に悪いのではなくて、ダイエット時に行う「食事制限」が髪の毛に直接影響を及ぼしてしまうのです。どういう事かと言いますと、食事制限をする事で、髪の毛に必要な栄養素が不足してしまうのです。

急激な栄養不足は頭部への栄養供給がされなくなり、毛母細胞が細胞分裂を起こさなくなってしまうのです。つまり、細胞分裂を起こさないという事は、髪の毛の成長は止まって抜け落ちてしまうという事なのです。そして、細胞分裂を起こさなくなっているので、新たな髪の毛も生えてこないのです。

そして、栄養不足を起こしてしまうと、男性も女性もホルモンのバランスが崩れてしまいます。ホルモンバランスが崩れると、髪の毛に大きく影響を与えてしまいます。そして、一度ホルモンバランスを崩してしまうと自分の力ではどうにもならなくなってしまうので、とても厄介なのです。

ですから、ダイエットをこれから始めよと言う方は、食事制限をするのではなくしっかりと有酸素運動などをして体重を落とすように心がけましょう。それから、過度なダイエットが原因で薄毛になってしまったと言う方は、一刻も早く薄毛治療を専門としている医療機関に相談するようにしましょう。

最近の薄毛治療専門のクリニックや皮膚科では「無料カウンセリング」を実施しているところが多いので、ぜひ活用してください。

ストレス

ストレスは薄毛を促進させてしまいます。上記で挙げた生活習慣のほとんどはストレスと結びつきます。睡眠不足にしても、ダイエットにしても、喫煙にしてもすべてストレスが絡んでいます。そして、ストレス社会と言われている現代では、会社でのストレス、自宅でのストレスとあらゆるところでストレスが発生します。

ストレスは血行不良の原因になるので、溜め込むと髪の毛に良くないのです。私たち人間の体内の血管には自律神経が分布しています。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」とで構成されていて、その内の自律神経がストレスに反応してしまうのです。

交感神経は血管を収縮させる働きがあります。逆に副交感神経は血管を拡張させる働きがあります。つまりストレスが溜まってくると、交感神経が働いて、血管を収縮させてしまうのです。すると血行不良が起こり、髪の毛に十分な栄養素が届かなくなり、本来健康に育つはずだった髪の毛が成長途中で栄養不足になり抜け落ちてしまう事になるのです。

ですから、「なるべくストレスを溜めないようにしてください!」と言いたいのですが、それは不可能なので、ストレスを感じ始めたら「発散」する事を意識してください。ストレス発散方法は何でも良いのです。自分が一番ストレスを発散できる方法で発散するようにしてください。

また、副交感神経を働かせて血管拡張作用を促すには「リラックス」が必要になってきます。リラックスといえば「温泉」「マッサージ」などではないでしょうか。また、自宅での入浴や睡眠中も非常にリラックスしている状態と言えます。ストレス発散には副交感神経を働かせる入浴や睡眠も良いのでぜひお試しください。

以上が生活習慣と言われている代表的なものです。上記の点で思い当たる節があったと言う方は注意が必要です。そして、いくつか当てはまるものがあって、すでに薄毛が進行していると言う方は、早めに薄毛治療専門のクリニックに相談するようにしましょう。特に男性のAGAに関しましては「進行型」なので、悩んでいる間にも薄毛がどんどん進行しています。手遅れになる前に早めの対策が必要になってきます。また、女性のFAGAに関しましても、進行型ではないにしても、少しづつ毛の量は減っていきます。これは女性ホルモンの分泌量に大きく関わっているので、少しでも自分の髪の毛に異変を感じた場合はすぐに相談するようにしましょう。

最近は薄毛治療を専門としている医療機関で「無料カウンセリング」を実施しているところがあります。ですから、薄毛の方は自分一人で悩まずに、まずは無料カウンセリングで自分の薄毛が治るのか、自分の薄毛の症状や原因は何なのか、と言う事を確認するようにしましょう。