タグ別アーカイブ: タバコ

AGAとタバコの関係

タバコはハゲの原因と巷では言われていますが、これもあながち嘘ではありません。タバコを吸っている方からすると、とてもショッキングなご報告かもしれませんが、事実タバコを吸うと薄毛になってしまいます。タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど、私たち人間にとって良い事は1つもありません。ではタバコを吸う事でなぜ薄毛になるのか、タバコはなぜAGAと関係があるのか、について解説したいと思います。タバコは髪の毛にも良くないのですが、それ以前に身体に悪影響です。身体が不健康になると言う事は髪の毛も不健康になっていると言う事です。つまり、髪の毛は健康に育たなくなってしまうと言う事です。

タバコを吸う事によって身体に及ぼす害

タバコを吸うと肺が真っ黒になります。学校の保健室や病院などで見かけた事があると思いますが、元々綺麗だった肺が喫煙する事によって真っ黒に変化したポスターを!あのポスターを見て頂ければ分かると思いますが、タバコにはとても強力な毒素が含まれています。喫煙をする事で引き起こる病気と言えば、呼吸器系の疾患です。その中でも有名なものが肺がんです。また。タバコを吸う事によって肝臓にも影響を与えてしまいます。肝臓は髪の毛の生成・成長に対してとても重要な働きをします。ですから、タバコを吸って肝臓に負担をかける事によって、髪の毛の成長に影響が出てしまう事になるのです。

タバコを吸う事で自らの身体に有害物質を摂り込んでいる事になります。タバコには「ニコチン」「一酸化炭素」「シアン化水素」などの毒素が含まれています。そして、喫煙をする事でこれらの有害物質を体内に蓄積してしまう事になるのです。これらの毒素は尿や汗などで体外へ排泄されると言われていますが、実は殆ど排泄されずに体内に蓄積されたままになるのです。そして、どんどん不健康な身体へと変化していきます。

身体が不健康になる事によって「がん・循環器系の疾患・呼吸器系の疾患・潰瘍」等の病気が発症してしまいます。タバコはこれらの病気を引き起こすだけでなく、問題のAGAにも関係しています。タバコは自律神経を刺激し血管を収縮させる働きがあります。血管が収縮すると血圧が上がり、血行不良を起こしてしまい、身体の隅々まで栄養素を運べなくなってしまうのです。つまり、髪の毛に必要な栄養素が十分に運ばれないと言う事なのです。すると髪の毛は抜け落ちてしまいます。

髪の毛が抜け落ちる仕組みを解説しますと、髪の毛の毛根に毛乳頭という部分があります。この毛乳頭に届いた栄養素が毛母細胞に刺激を与えて、毛母細胞が活発に細胞分裂を起こす事で髪の毛が生成されたり、成長したりします。しかし、十分な栄養素が毛乳頭に届かなくなると細胞分裂を起こせなくなるので、髪の毛は成長できずに抜け落ちてしまいます。髪の毛が抜け落ちる前の前兆としましては、髪の毛のコシやハリがなくなってきたり、極端に細くなったりする症状が現れます。もしこのような症状に心当たりがあると言う方はAGAの可能性が非常に高いのでご注意ください。

タバコに含まれるニコチンが及ぼす影響

タバコにはニコチンと言う有害物質が含まれています。このニコチンが及ぼす影響は、体内のビタミンを破壊すると言う事です。髪の毛の成長にはビタミンEが必須と言われています。もちろん他にもビタミンB2・B6なども必要になってくるのですが、特にビタミンEは血行を促進させる為の血管の拡張作用があるので特に重要と言われています。そして、このビタミンEの吸収を促進させる効果があるのがビタミンCです。つまり髪の毛の生成・成長にはこのビタミンBとビタミンCが必要不可欠と言う事です。しかし、タバコを吸う事でニコチンが体内に摂り込まれ、ビタミンCを破壊してしまうのです。ビタミンCが破壊される事でビタミンEの吸収率が悪くなり、髪の毛に必要な栄養素が十分に届かなくなってしまうのです。すると、本来健康に育つはずだった髪の毛が成長しなくなり、抜け落ちてしまう事になるのです。ニコチンはビタミンを破壊するだけでなく他にも様々な悪影響を及ぼします。ですから、薄毛に悩んでいる方や、それ以外の方もタバコはなるべく辞めるようにしてください。

喫煙で悪玉コレステロールが増加する

タバコを吸うと体内で悪玉コレステロールの量が増加します。悪玉コレステロールが増加すると、中性脂肪が増加したり、動脈硬化を引き起こしてしまう可能性が高くなります。この悪玉コレステロールを減少させようと体は必死に頑張るのですが、悪玉コレステロールの量を減らす為にはタウリンと言う成分が必要になってきます。タウリンは人間の体内で生成される成分なのですが、タウリンを生成するのに必須のアミノ酸がメチオニンです。このメチオニンは髪の毛の生成に欠かす事のできない重要な主成分の1つで、このメチオニンが不足すると髪の毛の成長が止まったり、髪の毛が生成されなくなったりします。

それから、タバコは悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させる作用もあります。酸化コレステロールは血管の内部に付着して血管のつまりの原因となります。そして、血管のつまりが血行不良を引き起こし、血管の老化や動脈硬化などの原因にもなります。血行不良は何度も言っていますが、薄毛の最大の原因となり、AGAの大きな原因になります。

以上の事からタバコがAGAの原因になると言う事を分かっていただけたと思います。しかし、タバコを辞める場合も注意が必要なのです。タバコは急に辞めるとストレスの原因になります。そしてストレスは薄毛の原因になります。ストレスは血管を収縮させてしまうので薄毛になりやすくなります。ですから、薄毛を改善したくてタバコを辞める際は、決して無理をせず禁煙外来などを利用して、医師の診断のもとしっかりと禁煙するようにしてください。タバコも体に悪影響ですが、ストレスも体に悪影響です。