AGAの原因

AGAとタバコの関係

タバコはハゲの原因と巷では言われていますが、これもあながち嘘ではありません。タバコを吸っている方からすると、とてもショッキングなご報告かもしれませんが、事実タバコを吸うと薄毛になってしまいます。タバコは「百害あって一利なし」と言われるほど、私たち人間にとって良い事は1つもありません。ではタバコを吸う事でなぜ薄毛になるのか、タバコはなぜAGAと関係があるのか、について解説したいと思います。タバコは髪の毛にも良くないのですが、それ以前に身体に悪影響です。身体が不健康になると言う事は髪の毛も不健康になっていると言う事です。つまり、髪の毛は健康に育たなくなってしまうと言う事です。

タバコを吸う事によって身体に及ぼす害

タバコを吸うと肺が真っ黒になります。学校の保健室や病院などで見かけた事があると思いますが、元々綺麗だった肺が喫煙する事によって真っ黒に変化したポスターを!あのポスターを見て頂ければ分かると思いますが、タバコにはとても強力な毒素が含まれています。喫煙をする事で引き起こる病気と言えば、呼吸器系の疾患です。その中でも有名なものが肺がんです。また。タバコを吸う事によって肝臓にも影響を与えてしまいます。肝臓は髪の毛の生成・成長に対してとても重要な働きをします。ですから、タバコを吸って肝臓に負担をかける事によって、髪の毛の成長に影響が出てしまう事になるのです。

タバコを吸う事で自らの身体に有害物質を摂り込んでいる事になります。タバコには「ニコチン」「一酸化炭素」「シアン化水素」などの毒素が含まれています。そして、喫煙をする事でこれらの有害物質を体内に蓄積してしまう事になるのです。これらの毒素は尿や汗などで体外へ排泄されると言われていますが、実は殆ど排泄されずに体内に蓄積されたままになるのです。そして、どんどん不健康な身体へと変化していきます。

身体が不健康になる事によって「がん・循環器系の疾患・呼吸器系の疾患・潰瘍」等の病気が発症してしまいます。タバコはこれらの病気を引き起こすだけでなく、問題のAGAにも関係しています。タバコは自律神経を刺激し血管を収縮させる働きがあります。血管が収縮すると血圧が上がり、血行不良を起こしてしまい、身体の隅々まで栄養素を運べなくなってしまうのです。つまり、髪の毛に必要な栄養素が十分に運ばれないと言う事なのです。すると髪の毛は抜け落ちてしまいます。

髪の毛が抜け落ちる仕組みを解説しますと、髪の毛の毛根に毛乳頭という部分があります。この毛乳頭に届いた栄養素が毛母細胞に刺激を与えて、毛母細胞が活発に細胞分裂を起こす事で髪の毛が生成されたり、成長したりします。しかし、十分な栄養素が毛乳頭に届かなくなると細胞分裂を起こせなくなるので、髪の毛は成長できずに抜け落ちてしまいます。髪の毛が抜け落ちる前の前兆としましては、髪の毛のコシやハリがなくなってきたり、極端に細くなったりする症状が現れます。もしこのような症状に心当たりがあると言う方はAGAの可能性が非常に高いのでご注意ください。

タバコに含まれるニコチンが及ぼす影響

タバコにはニコチンと言う有害物質が含まれています。このニコチンが及ぼす影響は、体内のビタミンを破壊すると言う事です。髪の毛の成長にはビタミンEが必須と言われています。もちろん他にもビタミンB2・B6なども必要になってくるのですが、特にビタミンEは血行を促進させる為の血管の拡張作用があるので特に重要と言われています。そして、このビタミンEの吸収を促進させる効果があるのがビタミンCです。つまり髪の毛の生成・成長にはこのビタミンBとビタミンCが必要不可欠と言う事です。しかし、タバコを吸う事でニコチンが体内に摂り込まれ、ビタミンCを破壊してしまうのです。ビタミンCが破壊される事でビタミンEの吸収率が悪くなり、髪の毛に必要な栄養素が十分に届かなくなってしまうのです。すると、本来健康に育つはずだった髪の毛が成長しなくなり、抜け落ちてしまう事になるのです。ニコチンはビタミンを破壊するだけでなく他にも様々な悪影響を及ぼします。ですから、薄毛に悩んでいる方や、それ以外の方もタバコはなるべく辞めるようにしてください。

喫煙で悪玉コレステロールが増加する

タバコを吸うと体内で悪玉コレステロールの量が増加します。悪玉コレステロールが増加すると、中性脂肪が増加したり、動脈硬化を引き起こしてしまう可能性が高くなります。この悪玉コレステロールを減少させようと体は必死に頑張るのですが、悪玉コレステロールの量を減らす為にはタウリンと言う成分が必要になってきます。タウリンは人間の体内で生成される成分なのですが、タウリンを生成するのに必須のアミノ酸がメチオニンです。このメチオニンは髪の毛の生成に欠かす事のできない重要な主成分の1つで、このメチオニンが不足すると髪の毛の成長が止まったり、髪の毛が生成されなくなったりします。

それから、タバコは悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させる作用もあります。酸化コレステロールは血管の内部に付着して血管のつまりの原因となります。そして、血管のつまりが血行不良を引き起こし、血管の老化や動脈硬化などの原因にもなります。血行不良は何度も言っていますが、薄毛の最大の原因となり、AGAの大きな原因になります。

以上の事からタバコがAGAの原因になると言う事を分かっていただけたと思います。しかし、タバコを辞める場合も注意が必要なのです。タバコは急に辞めるとストレスの原因になります。そしてストレスは薄毛の原因になります。ストレスは血管を収縮させてしまうので薄毛になりやすくなります。ですから、薄毛を改善したくてタバコを辞める際は、決して無理をせず禁煙外来などを利用して、医師の診断のもとしっかりと禁煙するようにしてください。タバコも体に悪影響ですが、ストレスも体に悪影響です。

AGAになりやすい習慣

AGA、いわゆる薄毛になりやすい習慣とは一体どのような習慣なのでしょうか。薄毛になる基本的な原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。しかし、何もしていないのにホルモンのバランスが崩れる事はないのです。つまり、普段何気なく行っているあなたの行動が薄毛への道を歩んでいる可能性があると言う事なのです。そんな何気ない行動なのですが、薄毛へ促してしまう習慣があるので、代表的な習慣を3つ程挙げてみたいと思います。以下にあげる例は高確率で薄毛を引き起こしてしまいますので、心当たりがあると言う方は今後気をつけた方が良いでしょう。

タバコを吸うと薄毛になりやすい

最近は喫煙できる場所がかなり減ってきたり、タバコの価格高騰で禁煙者の方も増えてきました。タバコは「百害あって一利なし」と言われていて、私たち人間の体にとって何1つ良い事がないのです。しかし、喫煙者はまだまだたくさん居るのが現状です。そんなタバコなのですが、最も薄毛になりやすい習慣という事をご存知でしょうか?おそらく殆どの方は気にも留めていないと思うのですが、タバコに含まれているニコチンは毒素が強く、血管を収縮させる働きがあるのです。血管が収縮されると何が起こるのかと言いますと、血行不良が起こります。血行不良は髪の毛の成長の大敵です。なぜなら、髪の毛の成長に必要な栄養素は、血液が運んでいるからです。髪の毛の成長に必要なビタミンB群、亜鉛等は血液が毛細血管を経て毛乳頭まで運んでいます。そして、ビタミンB群や亜鉛の吸収を加速させるビタミンCも喫煙する事で破壊されてしまうのです。髪の毛の成長にはビタミンB群と亜鉛は欠かせない存在なのですが、タバコを吸う事で吸収率が悪くなってしまいます。ですから、タバコは髪の毛の成長を妨げるだけでなく、髪の毛に必要な栄養素までも破壊してしまうのです。髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が増えてきたけど新しい髪の毛が増えて来ないと言う方は、タバコが原因の可能性が非常に高いです。ですから、あなたがタバコを吸っているのなら、一刻も早く辞めるようにしてください。ただし、禁煙を始めるのにも注意事項があります。それは、無理に止めないという事です。なぜなら、急にタバコを辞めるとストレスの原因になってしまいます。ストレスも薄毛の大敵です。ですから、もし禁煙を始めるのなら、禁煙外来などを利用して医師の診察の元辞めるようにしてください。そうしないと、逆効果になってさらに薄毛を促進させてしまう事にもなり兼ねません。タバコを吸うのもいけない事ですが、急に辞めるのもいけません。しっかりと専門医の指導の元辞めるようにしましょう。

お酒の飲み過ぎは薄毛になりやすい

お酒が好きな方も要注意です。「酒は百薬の長」という言葉があるように、決して体に悪いものではないのですが、飲み過ぎはダメです。お酒は血行促進やストレス発散に良いのですが、飲み過ぎはよくありません。お酒を飲むと肝臓で分解されます。肝臓は髪の毛の生成(成長)に必要なタンパク質を生成する働きがあり、身体に供給すると言う仕事を担っています。つまり、お酒を飲みすぎる事で肝臓への負担が大きくなり、本来の仕事ができなくなってしまい、髪の毛に必要なタンパク質の生成が間に合わなくなってしまうのです。すると、発毛や育毛に影響が出てしまい、健康な髪の毛に成長しなくなってしまうのです。不健康な髪の毛はすぐに抜け落ちてしまいます。また、肝臓への負担が大きいと、新たな髪の毛にも影響が出て、発毛しなくなる場合もあります。ですから、お酒を飲む場合は控えめにするようにしてください。お酒を辞める必要はないのです。ただ飲み過ぎは良くないので、普段から飲みすぎないように意識して飲酒するようにしてください。

無理なダイエットは薄毛になりやすい

男性の方でそこまで無理なダイエットをする方は少ないと思いますが、無理なダイエットも薄毛になりやすいです。無理なダイエットは栄養不足の原因になり、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。また、筋肉量の低下、血行不良、ストレスの原因にもなりますので、注意が必要です。ダイエット自体が薄毛の原因になるのではないのですが、食事制限などの無理なダイエットが薄毛の原因になるという事です。最近の若い方は短期間で急激に痩せようとしますが、とても危険なので無理なダイエットはしないようにしてください。また、必要以上に体重を落としたりするダイエットもホルモンバランスに悪影響ですので絶対にしないようにしてください。ダイエットは、やり方によっては極端に栄養不足になってしまうので、髪の毛へのダメージが非常に大きくなってしまいます。ですから、ダイエットをする際は決して無理をせずに、しっかりと栄養を摂りながら徐々に体重を落としていくようにしてください。

AGAの原因はホルモンバランスの乱れも関係している

AGAはDHTと言う男性ホルモンの影響で起こる脱毛症の事です。AGAの特徴を言いますと、「頭頂部が極端にハゲる」「額の生え際部分が極端に後退する」若しくはその両方です。では、なぜ頭頂部と額の生え際部分が極端にハゲるのかと言う事なのですが、これは男性ホルモンと女性ホルモンの影響を受ける箇所が違うからなのです。男性ホルモンの影響を受けやすい箇所は「頭頂部」と「額の生え際部分」です。それから、女性ホルモンの影響を受けやすい箇所が「側頭部」と「後頭部」になります。つまり、AGAの原因であるDHTは男性ホルモンなので、頭頂部と額の生え際部分が最も影響を受ける事になってしまうのです。このDHTは髪の毛の成長を妨げ、毛周期を狂わせる原因となります。DHTが大量に発生する事で、頭頂部と額の生え際部分の髪の毛は見る見る内に抜け落ちてしまうのです。では、この問題のDHTはなぜ大量発生するのでしょうか?それはホルモンバランスの乱れが大きく影響しているからなのです。そこで、今回はホルモンバランスについて解説していきたいと思います。

AGAの原因は主にホルモンバランスの乱れです

AGAの主な原因はホルモンバランスの乱れです。男性ホルモンの一種にTH(テストステロン)と言うホルモンがあります。このテストステロンの9割が睾丸で生成されていて、残りの1割は副腎で生成されています。このTHは男性器の成長、性欲、骨格、筋肉等の発達を促す働きがある男性ホルモンなのです。ですから、男性の方にとってTHは必要不可欠な男性ホルモンと言えるのです。しかし、ホルモンバランスが乱れるとTHが不足するのです。このTHの不足を補うために5αリダクターゼ(還元酵素)がTHと結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのです。こうしてAGAは発症してしまうのです。

DHTは毛乳頭内部の毛母細胞の受容体と結合し、毛周期を狂わせ髪の毛の寿命を極端に短くさせてしまいます。毛周期が狂ってしまう事で、髪の毛は十分に成長しなくなり、新しく生えてきた髪の毛も成長しきる前に抜け落ちてしまうのです。通常髪の毛のヘアサイクルは男性の方で3〜5年、女性の方で4〜6年と言われています。ですが、DHTの影響を受けると早い人だと数ヶ月で髪の毛が抜け落ちるようになってしまうのです。ヘアサイクルが乱れて短縮されてしまうと、本来長く太く育つはずだった髪の毛があっという間に抜け落ちてしまうのです。

そして、新たに髪の毛が生えてきたとしても、健康な髪の毛ではないので、細くて柔らかい髪の毛で、また成長しきる前に抜け落ちてしまう事になるのです。このような状態を繰り返し行う事で徐々にAGAは進行していき、最終的には太くて長い髪の毛が1本も無くなってしまうのです。結果的に、頭頂部だけがつるつるになったり、額の生え際部分が極端に交代するM字型ハゲになってしまうのです。AGAの方の特徴は頭頂部が極端に薄くなっている、額の生え際部分が極端に交代している、若しくはその両方同時にハゲているのが特徴です。

何度も言っていますが、AGAは男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンが頭頂部や額の生え際部分に最も影響を与える原因としましては、その部分に5αリダクターゼが多く存在しているからなのです。これがTHと結合する事でDHTが生成されて、髪の毛が成長しなくなってしまうのです。AGAは一度発症してしまうと、自力で治すことは不可能です。生活習慣を改善しても、プロペシアを服用しても治ることはありません。AGAは一度発症してしまうと、AGA治療を専門に行っているクリニックで適切な治療を受けないと改善する事は難しいでしょう。

なぜなら、AGAはあなたが思っているほど単純では無いからです。AGAは基本的な原因はホルモンバランスの乱れが原因で発生するDHTですが、細かい原因は人それぞれ異なります。だから、あなたの症状にはあなただけの治療方法が必要になってくるのです。AGAc医療を専門に行っているクリニックでは、ただ単にプロペシアを処方しているのではなく、きちんとあなたの症状に合わせて調合した治療薬を処方しているのです。だからクリニックに通った方の殆どはたった半年と言う短い期間で薄毛を改善する事が出来ているのです。

もしあなたにAGAの疑いがあるのなら、一刻も早く薄毛治療専門のクリニックやAGAを専門としている皮膚科などに相談するようにしてください。くれぐれも自分の力でなんとかしようとは考えないでください。よく海外通販サイトから格安のプロペシアやフィナステリド治療薬を購入して自己判断で服用している方がいらっしゃいますが、結局効果がなくクリニックに相談する事になってしまいます。しかも、海外通販サイトでは偽物のプロペシアなども販売されている場合もあるので、逆に薄毛を促進させてしまう場合もあります。

でも、なぜ海外通販サイトで手に入るプロペシアやフィナステリドは効果が無いのでしょうか?答えは簡単です。あなたの症状にあった分量では無いからです。プロペシア1錠の分量がクリニックで処方される場合は、あなたに必要な分だけです。しかし、海外通販サイトで手に入るプロペシアはある一定量を基準として販売されています。つまり、多すぎる場合もありますし、少なすぎる場合もあると言う事なのです。だから、いつまで経っても改善されない方が多く存在するのです。

そして、薄毛治療なんて効果が無いと言っているのです。しかし、それは間違いなのです。薄毛治療は確実に効果があります。ただし、あなたの症状に合った治療をした場合だけとなります。ですから、まずはAGAを専門に扱っているクリニックに相談してください。クリニックと言ってもたくさんあり過ぎてどこを選べば良いのか分からないと思いますが、当サイトで紹介しているクリニックは実績豊富で安心安全です。ですから、まずは当サイトで掲載済みのクリニックで、あなたが通える範囲のクリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。

そして、まずは詳細な原因を知る事です。原因さえ知ってしまえば、あとは治療を開始しないと改善しないAGAなのか、もしくは治療を受けなくても生活習慣の改善だけで治る単なる薄毛なのかの判断がつきます。治療を受けないといけない場合は家族と相談して決めるようにしてください。そして、治療を受けなくても改善するただの薄毛の場合は、しっかりと生活習慣の改善を目指して薄毛を克服してください。

ホルモンバランスを整えるには

ホルモンバランスは一旦乱れると自力で元に戻すのは非常に困難です。だからこそ、ホルモンバランス崩れないように、普段から意識して整えてあげる必要があるのです。ホルモンバランスを乱してしまう主な原因は生活習慣の乱れです。生活習慣の乱れとは「食生活の乱れ・ストレス・睡眠不足・運動不足」等々です。これらは生活習慣病と言われていて、様々な病気の原因にもなっています。もちろん薄毛にも大いに関係がある生活習慣ですが、特に気をつけていただきたいのが、「食生活の乱れ」です。

食事は毎日摂るので、栄養バランスがとても重要になってきます。栄養バランスが偏った食生活を送っていると、血行不良の原因になったり、ホルモンバランスを乱してしまう原因になってしまうのです。ですから、普段から外食は控えるようにして、なるべく栄養バランスの良い手作りの食事を摂るようにしてください。

それから、次に注意が必要なのは「ストレス」です。ストレスは現代社会において切り離す事ができないと言っても過言ではありません。ストレスを受けない人なんて居るのでしょうか?おそらく殆どの方が何かしらの影響でストレスを溜め込んでいると思います。このストレスもホルモンバランスを乱してしまう大きな原因なのです。ストレスが原因で起こる自律神経失調症もそうですが、ストレスを軽視しない方が良いでしょう。ストレスはホルモンバランスを整えている神経を狂わせてしまう働きをします。ですから、極力ストレスを溜め込まないようにしてください。

と言ってもそんな事は不可能なので、ストレスを溜め込まないのではなく、発散する事を意識してください。ストレスの発散方法はなんでも良いのです。例えば、「温泉が好きなら温泉に行く」「読書で発散できるのなら読書をする」「ジョギングなどで発散する」「趣味で発散する」等々なんでも良いのです。要はストレスが発散されれば良いのです。ストレスは様々な病気を引き起こす原因の1つです。ですから、ストレスを感じ始めたら発散する事を意識してください。

ホルモンバランスを整えるのは至難の技ですので、せめてホルモンバランスを崩さないように努力をしましょう。「食生活の乱れ・ストレス・睡眠不足・運動不足」を意識して、毎日の生活を送るようにしてください。しかし、既にAGAを発症してしまっている方は、一刻も早くクリニックに相談するようにしてください。AGAになってから素人が何をしても改善する事はありません。ですから、まずはAGA専門のクリニックに相談するようにしてください。

AGAの原因は男性ホルモンDHT

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称です。いわゆる男性型脱毛症の事をAGAと言います。このAGAの原因は男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)と言われています。このDHTとは一体何なのでしょうか?DHTと言われてすぐに答えれる方は殆ど居ないと思います。そこで、AGAを理解してもらう為にAGAの主な原因であるDHTについて解説していきたいと思います。

DHT(ジヒドロテストロン)とは

「TH(テストステロン)が5αリダクターゼの作用により、DHT(ジヒドロテストロン)に変換され、TGF-β1という角化細胞を抑制する因子が作られて毛の成長を止めてしまう」と言う風にある書籍が解説していました。この内容は実際に実験して確認された内容という事なのですが、何を言っているのか全くわからないと思いますので、もう少し噛み砕いて説明していきたいと思います。

DHTについて

DHTはAGAの最大の原因である強力な脱毛作用のある男性ホルモンです。もともとある男性ホルモンTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)により返還されてできるのが男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)です。このDHTが毛乳頭内部にある毛母細胞に結合して髪の毛の成長を妨げてしまうのです。つまり、DHTが髪の毛の成長の邪魔をしてあなたの髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうと言う事なのです。そして、いつの間にか薄毛になってしまうのです。

DHTの恐ろしいところは、皮脂腺の受容体と結合し皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞いでしまうと言う事です。そして毛穴が塞がる事で髪の毛は痩せ細り十分に成長しなくなってしまうのです。結果的に髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまうと言う事です。このように髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまう為、毛周期(ヘアサイクル)が乱れてしまい、新しく生えてきた髪の毛も成長しないまま抜け落ちて薄毛になっていくのです。

つまり、DHTは皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞いで髪の毛の成長を妨げ、さらに毛乳頭受容体と結合しヘアサイクルを乱し髪の毛が十分に成長する前に抜けさせてしまうと言う事です。THは9割が精巣で作られていて、残りは副腎で作られている男性ホルモンの一種です。DHTはテストステロンの不足を補うために5αリダクターゼ還元酵素によってTHが変換された男性ホルモンです。以下の表にそれぞれの違いをまとめてみました。

TH(テストステロン) DHT(ジヒドロテストロン)
生殖器の増大 薄毛
性欲の増加 体毛の増加
精子形成の増加 精力減退
骨格・筋肉の成長 前立腺肥大
やる気・行動力の増進


上記表をご覧いただければ分かると思いますが、DHTは男性にとって不要なものばかりです。AGAを完全に治すには、DHTと戦うしかないのです。しかし、AGAについて全くの素人が如何にしてDHTと戦うのか?AGAはただ単にプロペシアを服用していれば治ると言う様な単純な脱毛症ではないのです。巷では海外通販サイトでプロペシアが安く手に入ると噂されていて、多くの方がプロペシアを購入していますが、本当に効果があるのでしょうか。AGAはそんな単純ではないという事を全く理解していないと思います。

AGAと一言で言っても原因は様々です。基本的な原因はDHTである事に変わりはないのですが、細かい原因は人それぞれ異なります。だからこそ、その人の症状に合わせたオリジナル調合の治療薬が必要なのではないでしょうか。あなたの薄毛の症状に会う治療薬は海外通販サイトでは手に入りません。あなたの薄毛の症状に合う治療薬は、しっかりとAGA治療を専門としているクリニックで診察を受けないと手に入れる事は出来ません。薬なんてどれも同じと思っていたら、いつまでたってもあなたの薄毛は改善されないでしょう。それぐらいAGA治療は大切だと言う事です。ですから、近所の皮膚科でプロペシアだけを処方して貰うという様な適当な事はくれぐれもしないで下さいね。下手をするとさらに薄毛が進行してしまう可能性だってあるのですから。

AGA発毛治療クリニック人気ランキング