AGAの原因は男性ホルモンDHT

AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称です。いわゆる男性型脱毛症の事をAGAと言います。このAGAの原因は男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)と言われています。このDHTとは一体何なのでしょうか?DHTと言われてすぐに答えれる方は殆ど居ないと思います。そこで、AGAを理解してもらう為にAGAの主な原因であるDHTについて解説していきたいと思います。

DHT(ジヒドロテストロン)とは

「TH(テストステロン)が5αリダクターゼの作用により、DHT(ジヒドロテストロン)に変換され、TGF-β1という角化細胞を抑制する因子が作られて毛の成長を止めてしまう」と言う風にある書籍が解説していました。この内容は実際に実験して確認された内容という事なのですが、何を言っているのか全くわからないと思いますので、もう少し噛み砕いて説明していきたいと思います。

DHTについて

DHTはAGAの最大の原因である強力な脱毛作用のある男性ホルモンです。もともとある男性ホルモンTH(テストステロン)が5αリダクターゼ(還元酵素)により返還されてできるのが男性ホルモンDHT(ジヒドロテストロン)です。このDHTが毛乳頭内部にある毛母細胞に結合して髪の毛の成長を妨げてしまうのです。つまり、DHTが髪の毛の成長の邪魔をしてあなたの髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまうと言う事なのです。そして、いつの間にか薄毛になってしまうのです。

DHTの恐ろしいところは、皮脂腺の受容体と結合し皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞いでしまうと言う事です。そして毛穴が塞がる事で髪の毛は痩せ細り十分に成長しなくなってしまうのです。結果的に髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまうと言う事です。このように髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまう為、毛周期(ヘアサイクル)が乱れてしまい、新しく生えてきた髪の毛も成長しないまま抜け落ちて薄毛になっていくのです。

つまり、DHTは皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞いで髪の毛の成長を妨げ、さらに毛乳頭受容体と結合しヘアサイクルを乱し髪の毛が十分に成長する前に抜けさせてしまうと言う事です。THは9割が精巣で作られていて、残りは副腎で作られている男性ホルモンの一種です。DHTはテストステロンの不足を補うために5αリダクターゼ還元酵素によってTHが変換された男性ホルモンです。以下の表にそれぞれの違いをまとめてみました。

TH(テストステロン) DHT(ジヒドロテストロン)
生殖器の増大 薄毛
性欲の増加 体毛の増加
精子形成の増加 精力減退
骨格・筋肉の成長 前立腺肥大
やる気・行動力の増進


上記表をご覧いただければ分かると思いますが、DHTは男性にとって不要なものばかりです。AGAを完全に治すには、DHTと戦うしかないのです。しかし、AGAについて全くの素人が如何にしてDHTと戦うのか?AGAはただ単にプロペシアを服用していれば治ると言う様な単純な脱毛症ではないのです。巷では海外通販サイトでプロペシアが安く手に入ると噂されていて、多くの方がプロペシアを購入していますが、本当に効果があるのでしょうか。AGAはそんな単純ではないという事を全く理解していないと思います。

AGAと一言で言っても原因は様々です。基本的な原因はDHTである事に変わりはないのですが、細かい原因は人それぞれ異なります。だからこそ、その人の症状に合わせたオリジナル調合の治療薬が必要なのではないでしょうか。あなたの薄毛の症状に会う治療薬は海外通販サイトでは手に入りません。あなたの薄毛の症状に合う治療薬は、しっかりとAGA治療を専門としているクリニックで診察を受けないと手に入れる事は出来ません。薬なんてどれも同じと思っていたら、いつまでたってもあなたの薄毛は改善されないでしょう。それぐらいAGA治療は大切だと言う事です。ですから、近所の皮膚科でプロペシアだけを処方して貰うという様な適当な事はくれぐれもしないで下さいね。下手をするとさらに薄毛が進行してしまう可能性だってあるのですから。

AGA発毛治療クリニック人気ランキング