AGAの原因はホルモンバランスの乱れも関係している

AGAはDHTと言う男性ホルモンの影響で起こる脱毛症の事です。AGAの特徴を言いますと、「頭頂部が極端にハゲる」「額の生え際部分が極端に後退する」若しくはその両方です。では、なぜ頭頂部と額の生え際部分が極端にハゲるのかと言う事なのですが、これは男性ホルモンと女性ホルモンの影響を受ける箇所が違うからなのです。男性ホルモンの影響を受けやすい箇所は「頭頂部」と「額の生え際部分」です。それから、女性ホルモンの影響を受けやすい箇所が「側頭部」と「後頭部」になります。つまり、AGAの原因であるDHTは男性ホルモンなので、頭頂部と額の生え際部分が最も影響を受ける事になってしまうのです。このDHTは髪の毛の成長を妨げ、毛周期を狂わせる原因となります。DHTが大量に発生する事で、頭頂部と額の生え際部分の髪の毛は見る見る内に抜け落ちてしまうのです。では、この問題のDHTはなぜ大量発生するのでしょうか?それはホルモンバランスの乱れが大きく影響しているからなのです。そこで、今回はホルモンバランスについて解説していきたいと思います。

AGAの原因は主にホルモンバランスの乱れです

AGAの主な原因はホルモンバランスの乱れです。男性ホルモンの一種にTH(テストステロン)と言うホルモンがあります。このテストステロンの9割が睾丸で生成されていて、残りの1割は副腎で生成されています。このTHは男性器の成長、性欲、骨格、筋肉等の発達を促す働きがある男性ホルモンなのです。ですから、男性の方にとってTHは必要不可欠な男性ホルモンと言えるのです。しかし、ホルモンバランスが乱れるとTHが不足するのです。このTHの不足を補うために5αリダクターゼ(還元酵素)がTHと結合してDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されるのです。こうしてAGAは発症してしまうのです。

DHTは毛乳頭内部の毛母細胞の受容体と結合し、毛周期を狂わせ髪の毛の寿命を極端に短くさせてしまいます。毛周期が狂ってしまう事で、髪の毛は十分に成長しなくなり、新しく生えてきた髪の毛も成長しきる前に抜け落ちてしまうのです。通常髪の毛のヘアサイクルは男性の方で3〜5年、女性の方で4〜6年と言われています。ですが、DHTの影響を受けると早い人だと数ヶ月で髪の毛が抜け落ちるようになってしまうのです。ヘアサイクルが乱れて短縮されてしまうと、本来長く太く育つはずだった髪の毛があっという間に抜け落ちてしまうのです。

そして、新たに髪の毛が生えてきたとしても、健康な髪の毛ではないので、細くて柔らかい髪の毛で、また成長しきる前に抜け落ちてしまう事になるのです。このような状態を繰り返し行う事で徐々にAGAは進行していき、最終的には太くて長い髪の毛が1本も無くなってしまうのです。結果的に、頭頂部だけがつるつるになったり、額の生え際部分が極端に交代するM字型ハゲになってしまうのです。AGAの方の特徴は頭頂部が極端に薄くなっている、額の生え際部分が極端に交代している、若しくはその両方同時にハゲているのが特徴です。

何度も言っていますが、AGAは男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンが頭頂部や額の生え際部分に最も影響を与える原因としましては、その部分に5αリダクターゼが多く存在しているからなのです。これがTHと結合する事でDHTが生成されて、髪の毛が成長しなくなってしまうのです。AGAは一度発症してしまうと、自力で治すことは不可能です。生活習慣を改善しても、プロペシアを服用しても治ることはありません。AGAは一度発症してしまうと、AGA治療を専門に行っているクリニックで適切な治療を受けないと改善する事は難しいでしょう。

なぜなら、AGAはあなたが思っているほど単純では無いからです。AGAは基本的な原因はホルモンバランスの乱れが原因で発生するDHTですが、細かい原因は人それぞれ異なります。だから、あなたの症状にはあなただけの治療方法が必要になってくるのです。AGAc医療を専門に行っているクリニックでは、ただ単にプロペシアを処方しているのではなく、きちんとあなたの症状に合わせて調合した治療薬を処方しているのです。だからクリニックに通った方の殆どはたった半年と言う短い期間で薄毛を改善する事が出来ているのです。

もしあなたにAGAの疑いがあるのなら、一刻も早く薄毛治療専門のクリニックやAGAを専門としている皮膚科などに相談するようにしてください。くれぐれも自分の力でなんとかしようとは考えないでください。よく海外通販サイトから格安のプロペシアやフィナステリド治療薬を購入して自己判断で服用している方がいらっしゃいますが、結局効果がなくクリニックに相談する事になってしまいます。しかも、海外通販サイトでは偽物のプロペシアなども販売されている場合もあるので、逆に薄毛を促進させてしまう場合もあります。

でも、なぜ海外通販サイトで手に入るプロペシアやフィナステリドは効果が無いのでしょうか?答えは簡単です。あなたの症状にあった分量では無いからです。プロペシア1錠の分量がクリニックで処方される場合は、あなたに必要な分だけです。しかし、海外通販サイトで手に入るプロペシアはある一定量を基準として販売されています。つまり、多すぎる場合もありますし、少なすぎる場合もあると言う事なのです。だから、いつまで経っても改善されない方が多く存在するのです。

そして、薄毛治療なんて効果が無いと言っているのです。しかし、それは間違いなのです。薄毛治療は確実に効果があります。ただし、あなたの症状に合った治療をした場合だけとなります。ですから、まずはAGAを専門に扱っているクリニックに相談してください。クリニックと言ってもたくさんあり過ぎてどこを選べば良いのか分からないと思いますが、当サイトで紹介しているクリニックは実績豊富で安心安全です。ですから、まずは当サイトで掲載済みのクリニックで、あなたが通える範囲のクリニックの無料カウンセリングを受けてみてください。

そして、まずは詳細な原因を知る事です。原因さえ知ってしまえば、あとは治療を開始しないと改善しないAGAなのか、もしくは治療を受けなくても生活習慣の改善だけで治る単なる薄毛なのかの判断がつきます。治療を受けないといけない場合は家族と相談して決めるようにしてください。そして、治療を受けなくても改善するただの薄毛の場合は、しっかりと生活習慣の改善を目指して薄毛を克服してください。

ホルモンバランスを整えるには

ホルモンバランスは一旦乱れると自力で元に戻すのは非常に困難です。だからこそ、ホルモンバランス崩れないように、普段から意識して整えてあげる必要があるのです。ホルモンバランスを乱してしまう主な原因は生活習慣の乱れです。生活習慣の乱れとは「食生活の乱れ・ストレス・睡眠不足・運動不足」等々です。これらは生活習慣病と言われていて、様々な病気の原因にもなっています。もちろん薄毛にも大いに関係がある生活習慣ですが、特に気をつけていただきたいのが、「食生活の乱れ」です。

食事は毎日摂るので、栄養バランスがとても重要になってきます。栄養バランスが偏った食生活を送っていると、血行不良の原因になったり、ホルモンバランスを乱してしまう原因になってしまうのです。ですから、普段から外食は控えるようにして、なるべく栄養バランスの良い手作りの食事を摂るようにしてください。

それから、次に注意が必要なのは「ストレス」です。ストレスは現代社会において切り離す事ができないと言っても過言ではありません。ストレスを受けない人なんて居るのでしょうか?おそらく殆どの方が何かしらの影響でストレスを溜め込んでいると思います。このストレスもホルモンバランスを乱してしまう大きな原因なのです。ストレスが原因で起こる自律神経失調症もそうですが、ストレスを軽視しない方が良いでしょう。ストレスはホルモンバランスを整えている神経を狂わせてしまう働きをします。ですから、極力ストレスを溜め込まないようにしてください。

と言ってもそんな事は不可能なので、ストレスを溜め込まないのではなく、発散する事を意識してください。ストレスの発散方法はなんでも良いのです。例えば、「温泉が好きなら温泉に行く」「読書で発散できるのなら読書をする」「ジョギングなどで発散する」「趣味で発散する」等々なんでも良いのです。要はストレスが発散されれば良いのです。ストレスは様々な病気を引き起こす原因の1つです。ですから、ストレスを感じ始めたら発散する事を意識してください。

ホルモンバランスを整えるのは至難の技ですので、せめてホルモンバランスを崩さないように努力をしましょう。「食生活の乱れ・ストレス・睡眠不足・運動不足」を意識して、毎日の生活を送るようにしてください。しかし、既にAGAを発症してしまっている方は、一刻も早くクリニックに相談するようにしてください。AGAになってから素人が何をしても改善する事はありません。ですから、まずはAGA専門のクリニックに相談するようにしてください。