AGAになりやすい習慣

AGA、いわゆる薄毛になりやすい習慣とは一体どのような習慣なのでしょうか。薄毛になる基本的な原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。しかし、何もしていないのにホルモンのバランスが崩れる事はないのです。つまり、普段何気なく行っているあなたの行動が薄毛への道を歩んでいる可能性があると言う事なのです。そんな何気ない行動なのですが、薄毛へ促してしまう習慣があるので、代表的な習慣を3つ程挙げてみたいと思います。以下にあげる例は高確率で薄毛を引き起こしてしまいますので、心当たりがあると言う方は今後気をつけた方が良いでしょう。

タバコを吸うと薄毛になりやすい

最近は喫煙できる場所がかなり減ってきたり、タバコの価格高騰で禁煙者の方も増えてきました。タバコは「百害あって一利なし」と言われていて、私たち人間の体にとって何1つ良い事がないのです。しかし、喫煙者はまだまだたくさん居るのが現状です。そんなタバコなのですが、最も薄毛になりやすい習慣という事をご存知でしょうか?おそらく殆どの方は気にも留めていないと思うのですが、タバコに含まれているニコチンは毒素が強く、血管を収縮させる働きがあるのです。血管が収縮されると何が起こるのかと言いますと、血行不良が起こります。血行不良は髪の毛の成長の大敵です。なぜなら、髪の毛の成長に必要な栄養素は、血液が運んでいるからです。髪の毛の成長に必要なビタミンB群、亜鉛等は血液が毛細血管を経て毛乳頭まで運んでいます。そして、ビタミンB群や亜鉛の吸収を加速させるビタミンCも喫煙する事で破壊されてしまうのです。髪の毛の成長にはビタミンB群と亜鉛は欠かせない存在なのですが、タバコを吸う事で吸収率が悪くなってしまいます。ですから、タバコは髪の毛の成長を妨げるだけでなく、髪の毛に必要な栄養素までも破壊してしまうのです。髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が増えてきたけど新しい髪の毛が増えて来ないと言う方は、タバコが原因の可能性が非常に高いです。ですから、あなたがタバコを吸っているのなら、一刻も早く辞めるようにしてください。ただし、禁煙を始めるのにも注意事項があります。それは、無理に止めないという事です。なぜなら、急にタバコを辞めるとストレスの原因になってしまいます。ストレスも薄毛の大敵です。ですから、もし禁煙を始めるのなら、禁煙外来などを利用して医師の診察の元辞めるようにしてください。そうしないと、逆効果になってさらに薄毛を促進させてしまう事にもなり兼ねません。タバコを吸うのもいけない事ですが、急に辞めるのもいけません。しっかりと専門医の指導の元辞めるようにしましょう。

お酒の飲み過ぎは薄毛になりやすい

お酒が好きな方も要注意です。「酒は百薬の長」という言葉があるように、決して体に悪いものではないのですが、飲み過ぎはダメです。お酒は血行促進やストレス発散に良いのですが、飲み過ぎはよくありません。お酒を飲むと肝臓で分解されます。肝臓は髪の毛の生成(成長)に必要なタンパク質を生成する働きがあり、身体に供給すると言う仕事を担っています。つまり、お酒を飲みすぎる事で肝臓への負担が大きくなり、本来の仕事ができなくなってしまい、髪の毛に必要なタンパク質の生成が間に合わなくなってしまうのです。すると、発毛や育毛に影響が出てしまい、健康な髪の毛に成長しなくなってしまうのです。不健康な髪の毛はすぐに抜け落ちてしまいます。また、肝臓への負担が大きいと、新たな髪の毛にも影響が出て、発毛しなくなる場合もあります。ですから、お酒を飲む場合は控えめにするようにしてください。お酒を辞める必要はないのです。ただ飲み過ぎは良くないので、普段から飲みすぎないように意識して飲酒するようにしてください。

無理なダイエットは薄毛になりやすい

男性の方でそこまで無理なダイエットをする方は少ないと思いますが、無理なダイエットも薄毛になりやすいです。無理なダイエットは栄養不足の原因になり、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまいます。また、筋肉量の低下、血行不良、ストレスの原因にもなりますので、注意が必要です。ダイエット自体が薄毛の原因になるのではないのですが、食事制限などの無理なダイエットが薄毛の原因になるという事です。最近の若い方は短期間で急激に痩せようとしますが、とても危険なので無理なダイエットはしないようにしてください。また、必要以上に体重を落としたりするダイエットもホルモンバランスに悪影響ですので絶対にしないようにしてください。ダイエットは、やり方によっては極端に栄養不足になってしまうので、髪の毛へのダメージが非常に大きくなってしまいます。ですから、ダイエットをする際は決して無理をせずに、しっかりと栄養を摂りながら徐々に体重を落としていくようにしてください。